東京や大阪などで運行している夜行バスは深夜にも安く移動できます

夜行バス.com

夜行バスの集合場所に気をつける

夜行バスは集合に遅れるとキャンセル扱いになるため、集合場所の確認を忘れないようにしましょう。空港近くの夜行バスなどの場合、似たような場所があって探し辛いことなどもあります。

夜行バスを利用しよう

長距離移動に夜行バスを利用する

夜行バスは高速バスの1つで、主に夜間に運行しているバスの事を指します。カーテンがついていたり、リクライニングシートを倒すことができたりと、バスの中でも就寝できるような構造になっているのが特徴です。

飛行機などの移動手段よりも格安

新幹線や飛行機よりも安い値段で長距離を移動できるのが夜行バスの利点です。バス会社によっては、半額以下で移動できることもあります。大阪から東京などでも、夜間バスだと数千円ほどになります。

飛行機よりも快適な場合がある

狭いイメージも多い夜行バスですが、最近ではゆったりできるようスペースが確保されている夜行バスもあります。飛行機のファーストクラスのように、のびのびと足を伸ばせる車両なども中にはあるので、他の交通手段よりも快適なこともあります。

夜行バスの決め手

未成年でも利用出来る(10代後半男性)

親の同意なしに夜間で移動できるのは大きい。
夜間バスのおかげで、夏休み中にバイトして念願の夏フェスにいくことができた!
料金も新幹線とかよりずっと安かったから、これからも利用していこうと思う。

料金が安い(20代前半男性)

好きなバンドのツアーを回る時に夜行バスを利用したけど、何より料金が安いのが良かった。
チケットを持って無ければいけないといった手間もないし、コンビニで簡単に決済ができるのも楽でいい。

深夜でも利用できる(20代後半男性)

仕事があると、なかなか飛行機の時間に間に合わない。
飛行機で飛ぶために休暇を多く取るのも嫌だったので夜行バスにした。
夜行バスは深夜まで動いてるから、仕事帰りに帰宅して準備してから乗っても間に合うのが魅力。

充電設備がある(30代前半男性)

仕事目的での利用。仕事柄パソコンやスマートフォンが手放せないので、コンセントがある夜行バスを選択。
夜は禁止ということで使えなかったが、日中充電しながら作業できるというのは凄く捗った。

プライバシーに配慮されている(40代男性)

新幹線や飛行機とは違い、カーテンで仕切る事ができるというプライバシーに配慮されてる点が良い。
人目が気にならずに睡眠を取ることができた。物音が気になる場合は、耳栓を利用することを推奨。

【PR】
大阪や東京へ行くなら夜行バス。
もっと旅行をお得に楽しむ方法♪

夜行バスについての疑問

夜行バスの予約をするにはどうすればいいか

殆どの夜行バス予約は、インターネットサイトや電話連絡での予約となります。最近では、バス会社によってはコンビニで予約を行えるところも中にはあります。

未成年でも乗車できるか

一般的には中学生以上であれば未成年だけでも夜行バスに乗車できます。ただ、バスツアーなどは団体旅行扱いとなるため、保護者同伴なしでは夜行バスに乗ることはできません。

持ち込む物に制限はあるか

多くの場合はバス車内に身の回りのものをとして手荷物が1つ、トランクに1つとなります。トランクがない夜行バスなどもあるので、事前に確認しておきましょう。楽器や精密機器などは持ち込めないため、持ち込みたいものを事前に確認しておくと安心です。

チケットや乗車券はあるか

乗車券やチケットが必要な会社などもありますが、多くは振り込みでの支払いで確認となります。直前などに振り込む場合は確認に時間がかかってしまうことがあるため、レシートや振り込みの控えを持っておくようにしましょう。

集合に遅れる場合はどうすればいいか

事前に電話をすることで出発時間までは待ってくれるところもありますが、出発時間を過ぎてしまうとキャンセル扱いとなります。余裕を持って集合場所に着くようにしておきましょう。

広告募集中