夜行バスは1人で乗るものではないためマナーに気を配りましょう

夜行バス.com

夜行バスの集合場所に気をつける

夜行バスは集合に遅れるとキャンセル扱いになるため、集合場所の確認を忘れないようにしましょう。空港近くの夜行バスなどの場合、似たような場所があって探し辛いことなどもあります。

夜行バスのマナーを守ろう

音に気をつける

夜間走行中は睡眠を取っている人がほとんどです。友人間でのお喋りや、音楽プレーヤーの音漏れなどが迷惑に繋がることも少なくはありません。とくに静まっている状態ではいつも以上に音が響いてしまいますので、声量や音量には気をつけていきましょう。

携帯電話のマナー

夜間バスは携帯電話やスマートフォンでの通話はNGとなっていることが多いです。また、通話せずにSNSなどを利用している場合でも、携帯電話の光で周りの人を起こしてしまう場合があります。なるべく控えるか、遮光カーテン付きの車両の利用を検討しましょう。

においのきつい飲食物は避ける

社内は密閉空間となるため、においの強い飲食物は周りの人の気分を害してしまう可能性があります。また、アルコールなどもにおいが強い部類になるため、なるべく避けた方がいいでしょう。バス会社によっては飲酒をしていると乗車ができないところなどもあります。

リクライニングシートを倒す際には注意

夜行バスのシートは、睡眠を想定されているために深く倒れるように設計されています。東京から大阪への夜行バスなども例外ではありません。いきなり後ろに倒してしまうと後ろの人の迷惑に繋がる可能性があるため、倒す際は一声かけてゆっくり倒すといった配慮をするようにしましょう。

広告募集中